昭和産業㈱ 

 
 昭和産業が名古屋埠頭サイロ
 株式の33.4%取得し持分法適用
 
 昭和産業㈱(東京都千代田区内神田・新妻一彦社長)は、2月23日付けで、名古屋埠頭サイロ㈱の株式33・4%(議決権比率)を、主に布袋食糧㈱から取得する事で、名古屋埠頭サイロを2017年3月期において、同社の持分法適用会社とする事を明らかにした。
詳細は次通り。
一、 株式取の理由
同社は、「人々の健康で豊かな食生活に貢献する」ことを経営理念とし、小麦、大豆、菜種、トウモロコシなどを主原料とした「穀物ソリューション・カンパニー」として、小麦粉、食用油、糖化製品、配合飼料などの幅広い事業を展開している。製粉事業において「基盤事業の持続的成長」を推進するため、2014年3月に中京地区を基盤として長年の実績のあるセントラル製粉㈱の株式(総発行済株式数の40・0%相当)を取得し、生産体制への連携強化を図ってきた。セントラル製粉への委託製造 も順調に増加しており、今後一層の効率化を図るため、使用する小麦の保管と合わせた1貫運営が必要と考え、本取得を実施する事とした。
二、 移動する関連会社の概要
①名称・名古屋埠頭サイロ㈱
  ②所在地・愛知県名古屋市昭和区折戸町4丁目15番地
  ③代表者の役職氏名・代表取締役社長兼会長 三宅真理
  ④主な事業内容・倉庫業
  ⑤資本金・1億9500万円
  ⑥設立年月・1968年10月
  ⑦大株主・布袋食糧㈱
  ⑧経営成績及び財政状態・売上高2億7300万円、総資産18億5100万円



東京油問屋市場