昭和産業(株)

 
 「カツ揚げ職人」発売
 ソフトで歯切れ良い衣に仕上がる
 
 
 昭和産業(東京都千代田区、新妻一彦社長)はこのほど、具材との結着に優れ、薄く、ソフトで歯切れの良い衣に仕上がる事が特長の業務用バッターミックス「カツ揚げ職人」を新発売した。
 少子高齢化の進行、世帯人数の減少、有職主婦の増加を背景として、中食・外食の主体と考えられるフライ製品の生産量は増加している。主なフライ製品の一である、とんかつの美味しさのポイントは「衣のサクサクとした食感」「肉の旨味、ジューシーさ、柔らかさ」であるといった回答が、消費者アンケート(同社調べ)で多く寄せられている。
 こうしたニーズを満たすため、結着性に優れ、薄く、ソフトで歯切れの良い衣となって、具材の美味しさが生かせるバッターミックスを開発したもの。
製品特長は
①打ち粉無しでも具材と衣をしっかりと結着させ、一体化することができる
②薄く、ソフトで歯切れの良い衣に仕上がる
③手作業での撹拌及びパン粉付けに適した生地性状。荷姿は1kg×10。



 Index