㈱Jーオイルミルズ
   斗缶500円、加工用など30円値上げ   
  来年2月1日出荷分から
 原料高に円安、物流費上昇受け
     
   ㈱Jーオイルミルズ(東京都中央区・八馬史尚社長)は来年2月1日出荷分から、油脂商品の大幅値上げに踏み切る。26日発表した。
 対象商品と改定額(値上げ)は、業務用商品斗缶が500円、業務用ミニローリー、加工用商品バラ、家庭用商品がいずれもキロ30円値上げする。
 同社では値上げ理由について「昨今の当社を取り巻く環境は、米国大豆、カナダ菜種ともに豊作であったものの、中国を中心とした需要は底堅く、また、パーム油の減産・低在庫が続いていることから、大豆・菜種相場ともに上昇基調にあり、また、次期米大統領に選出されたトランプ氏が積極的な財政政策展開を表明していることから米国金利が急上昇し、為替相場は大きく円安方向に振れていることから、極めて厳しい採算業況にある。加えて、トラックドライバー不足に起因する物流費の上昇も続いており、事業環境は1層厳しい状況である」と説明。
 その上で、「当社としては引き続き、不断のコスト削減努力を行っていくが、コストアップ分をすべて吸収することは叶わず、安定的に商品を供給し続けるために、改めて価格改定をお願いする次第である」と強調している。
 



  専門商社筋