日清オイリオグループ㈱
    春のプレゼンテーション盛大に
 「ご当地揚げ」で揚げ物需要を喚起
     
   日清オイリオグループ㈱(東京都中央区・今村隆郎社長)は7日、東京・港区台場の「グランドニッコー東京 台場」で取引先向け「春のプレゼンテーション」を開催した。当日は、「OilliO Value Up!」をテーマに、食用油の価値向上による新たな需要創造策を提案した。
プレゼンテーションの概要は次のとおり

「スムージードレッシング」で朝食をValueUp!
今春新発売したオリーブオイルを使用したドレッシング「日清オリーブ香るスムージードレッシング」シリーズ3品(キャロット&オレンジ、トマト&レモン、チーズ&グリーン野菜)を前面に、朝食メニューを提案。同品は、香り豊かなエキストラバージンオリーブオイルと、野菜や 物など「15種類の素材」を使い、スムージー感覚の食感に仕上げたドレッシング。オリーブオイルを手軽にいろいろなシーンでかけて使える。おしゃれな朝食を楽しみたい女性などにおすすめで、会場ではキャロット&オレンジを使った「スムージードレのシリアル朝食カップ」、トマト&レモンを使用した「サラダパンケーキ」を提案し、おしゃれ感を訴求した。
▽BOSCOと日清との二ブランドでオリーブオイル市場の「奥行」 「間口」をValueUp!
BOSCOオリーブオイルと今春投入した「日清やさしく香るエキストラバージンオリーブオイル」など日清ブランドのオリーブオイルシリーズを展開。ブースでは、昨年10月に行った流 側とのイタリアンフェア企画を紹介し、オリーブオイルのさらなる広がりに向けた提案を行った。試食ではBOSCOでの「豚肉の野菜たっぷりトマト煮込み」「パスタの卵焼き」、好評のBOSCOオリーブマヨドレを使った「サラダオーブンサンド」を提供し、来場ユーザーの人気を集めた。 
「かけるオイル」で食用油生食市場をValue Up!〜オイルをかけて、おいしい魔法をかけよう!〜 
昨年来注力するオリーブオイル、ゴマ油、アマニ油での生食需要の喚起策を提案。フレッシュキープボトルを前 に、BOSCOエキストラバージンオリーブオイルをかけた「冷やししらすうどん」「カルボナーラ風卵かけご飯」、日清ヘルシーごま香油と日清かけて香る純正ごま油を使用した「錦糸卵のせそうめん」「チョレギ風卵かけごはん」を試食提供したほか、かけるオイルの26種類のアレンジメニューを紹介した。
「日清オイリオ社員がおすすめするメニュー」でお客様と地域の繋がりをValue Up!
地元で長く愛されている揚げ物や地元の食材を使い新たに根付いてきた揚げ物の中から、食材やその組み合わせ方、食べ方などが特徴的で同社社員がおすすめする「ご当地揚げ」31種類を紹介し、大きな注目を集めた。地域の食にスポットを当てた揚げ物企画として、揚げ物需要の一層の拡大を図るもの。ブースでは各地の揚げ物をパネルで紹介したほか、茨城の「納豆と長いもの落とし揚げ」、青森の「いかメンチカツ」、北海道の「グリーンアスパラの天ぷら」を試食提供した。
 



ヤ シ 油