昭和冷凍食品㈱
   17年春夏業務用冷凍食品新発売
 「イチゴホットケーキ」など7品
     
   昭和産業㈱(東京都千代田区・新妻一彦社長)の100%子会社である昭和冷凍食品㈱(佐藤誠社長)は4月から、2017年春夏の業務用冷凍食品の新製品六品目、リニューアル品一品目の合計七品目を新発売した。
 ユーザーの取り巻く環境は変化しており、飲食店や老健施設では現場の人手不足・熟練度不足が取り上げられるようになった。今回の新商品では、そうしたユーザーの要望に応えられるようなデザートとして汎用性の高いプチケーキ、ホットケーキなどを取り揃えた。
製品概要は次のとおり。
ひとくち餃子金蘭
「揚げ」「焼き」「茹で」の3つの調理方法で楽しめる1口サイズの餃子。にんにくとゴマ油の風味が食欲をそそる。フライ調理/焼き調理/ボイル調理、500g×8袋×2合。
だし香る大粒たこ焼き
かつお節、そうだかつお節、昆布エキスを使用し、だしの風味が香るたこ焼き。フライ調理に適しているが、レンジ調理でも食べられる。フライ調理/レンジ調理、40個×5袋×2合。
ミニたい焼きバリューパック・小倉あん(リニューアル)
粒あんが入ったかわいらしいミニたい焼き。生地の配合を変更し、さらに柔らかくした。自然解凍/レンジ調理/オーブン、20個×6袋×2合。
 



㈱ADEKA