㈱カネカ
   農畜産業支援システムをアピール
  フードフェスタ2017盛大に開催
 食の価値高めるソリューション提案
     
   
   トレンドを先読みしたパンを紹介した
「Next Hitブレッド」コーナー
 話題を呼んだカネカファームでの
農畜産業支援システム
 
   ㈱カネカ・Foods&Agris SolutionsVehicle(榎潤常務執行役員事業部長)とカネカ食品㈱(古長玄一郎社長)は5月30、31日、東京・有明の東京ビッグサイトでカネカグループの展示会「フードフェスタ2017」を開催した。
 会場内には今回、グループの将来ビジョンとして新たに掲げた「農畜産業への事業領域拡大」を具現化する第一歩として、会場内に「カネカファーム」ブースを設置。農畜産物の生産支援をはじめ、全国各地の農産品の価値向上を図るため、素材加工から提案までを行う「農畜産業トータル支援」の取り組みを積極的に紹介した。このほか、新製品やイチオシ製品による価値ある商品作りのためのアイデアとノウハウを製パン・製菓ユーザーらに発信。今年のテーマである「選ばれるモノづくり 不確かな時代に勝つためのアプローチ」を実現する多 な提案を展開し、大きな注目を集めた。
 同社は今年4月から、食品事業部を「Foods&Agris SolutionsVehicle」に改称し、食文化の発展と食の豊かさの創造に貢献する事業を目指して新たなスタートを切った。製パン・製菓に加え、食の原点である農畜産業へと事業領域を拡大し、おいしさ・新鮮・栄養・健康など「食」の価値を高めるソリューションを幅広く提供。「カネカグループとして食品業界の皆さまにとって欠かすことのできない存在となる」ことを目指している。「食料不足、自給率低下、コスト高、高齢化、食の多様化」といったさまざまな課題に対して、市場の変化に対応した価値あるソリューションの提供で「食料生産支援、コストダウン、商品価値アップ、健康増進、食スタイルの提案」などで解決を図る。
 そのための新しい取り組みとして掲げたのが
①Health care「健康」=疾病予防、健康増進に寄与する新たな食スタイルの提案
②Agricultural support「農畜産業支援」=食の原点である農畜産物の生産支援から全国各地の素材加工、提供までトータルでサポートーーすること。
 今回のフェスタでは、会場内に「カネカファーム」ブースを設け、まず農畜産業支援の取り組みについて紹介した。一つは、全国の農産品の中で規格外品やブランド化していない農産物を活用し、発掘から企画・開発・物流・販売までをトータルコーディネートする支援システム。カネカグループの素材加工技術などで全国の農産品をさらに価値あるものに高め、それを製パン・製菓をはじめとするユーザーに紹介。顧客に対して新たな食素材を提案するとともに、農家支援、地域活性化も同時に実現するもの。ブースでは、同社グループが全国を歩いて集めた農産品、例えば鹿児島県の「極利かぼちゃ」や小田原市片浦地区で収穫されたレモンの皮と 汁を煮詰めて加工した「片浦レモンマーマレード」など、全国の農産加工品を多数展示する中で、その支援システムをアピールした。
 このほか、食糧支援の取り組みとしては、新・高機能性肥料「カネカ ペプチド」、また、グループ会社の太陽油脂が展開する家畜給餌用製品「サンニード」を紹介。「カネカ ペプチド」は酸化型グルタチオン(GSSG)を配合した高機能性肥料で、農作物(とくにジャガイモ)の増収等が期待できる。GSSGは、植物を含むあらゆる生物に含まれている安全・安心な物質。現在、その効 を試験中であり、早期の実用化を目指している。太陽油脂の「サンニード」は、すでに食肉生産の現場で採用されており、ブースではその取り組みについて紹介。サンニードを用いた低環境負荷型「高品質牛肉生産技術への取り組み」として、増体促進効 (出荷月齢の短縮)や肉質改善、脂肪酸組成改質、温室効 ガス低減などの効果があることをアピールし、来場者の話題を呼んだ。
 製パン製菓ユーザーへのレシピ提案ではまず、一押し製品コーナーにおいて新製品のシートマーガリン「ヴィオロンシートJW」、ホイップクリーム「ラシェンテSN」を前 にPR。「ヴィオロンシートJW」は 常のマーガリンの水分 が17%程度なのに対し、3%と低水分であることが特長。製パン工程でのガス保持力が向上し、ボリュームがアップ。サックリとした食感のデニッシュやクロワッサンを作ることが可能となったもの。低水分マーガリンはノビが悪いなど使用上の問題点があったが、独自の油脂改質技術と結晶化技術で解決している。「ラシェンテSN」は、生乳を25%使用した新鮮な乳風味のホイップクリーム。ブースでは試食をまじえながら、品質の優秀性、おいしさを訴求した。
 企画・アイデアゾーンでは、「Next Hitブレッド〜市場から発掘!次世代トレンドの種」をテーマに、2017年の市場予測から、流行を先読みしたパンを紹介。豆腐に生姜と鰹節で味付けした冷や奴風フィリングを豆乳使用の生地で包み、見た目も豆腐のように焼き上げた「まるでひややっこ」などユニークな新レシピを提案するなど、来場ユーザーの人気を呼んだ。
 



 日本ひまし工業会