J-オイルミルズ
   
 倉敷国際ホテルで直会を開催  
  施工企業11社に感謝状
 西日本の大豆搾油拠点で期待
     
   (続報)㈱Jーオイルミルズ(東京都中央区・八馬史尚社長)は、既報 り6月13日に竣工した岡山県倉敷市の倉敷工場において「竣工安全祈願祭」を開催した。竣工式終了後に会場を倉敷市内の倉敷国際ホテルに移して直会を開催した。
 冒頭に挨拶を行った八馬社長は、新工場建設の経緯について「皆さま方の御陰を持ち、先程豊島神社、神職のご祈祷により、無事に当地の竣工式を滞りなく、済ませる事が出来た事をご報告申し上げる。不慣れの為至ら 所もあったと思うが、本日の素晴らしい天気に免じてご容赦頂ければと考えている。2016年2月24日の起工式から数える事475日間に亘る倉敷工場建設工事は、長丁場であり、ピーク時には1日400人を超える皆様にご尽力を頂き本日の竣工式を迎える事が出来た。これだけの大規模で長期間に亘る工事が無事故、無災害で本日の竣工式を迎える事が出来たのは、ひとえに倉敷工場の建設、施工に携わってこられたJFEエンジニアリング、味の素エンジニアリングを初めとして、本工場建設に携わった11社と、その11社と共に尽力頂いた全ての工事関係屋の方々が、心を1つにして、真摯に取組んで頂いた努力の賜物であり、深く感謝している次第である。また、着工に先立ち計画段階から多くの協力を得た、岡山県産業労働部、岡山県土木部、倉敷市文化産業局には改めて御礼を申し上げたい」
 「私共にとって、この倉敷工場は、西日本の大豆搾油拠点として、大変大きな役割と、期待を背負っている。JA全農、全農サイロ、JA西日本組合飼料と連携し、競争力ある高品質な製品を生み出す食品飼料コンビナートを築き上げていきたい所存である。倉敷工場の建設は、当社としては、1968年の日本大豆製油神戸工場建設以来、約50年振りの搾油工場建設となる。これまでの先人が築き上げてきた叡知と、最新鋭の機器導入で、従来の要員からするとほぼ半減した。少数精鋭体制による可能な限りのローコストオペレーションを追求する所存である。また、当社にとって今年は静岡工場建設から数えて丁度100周年に当たる年でもある。くしくも倉敷工場建設の年が、静岡工場100周年と重なった事に感慨深い思いに立っている。これまでの当社大豆油の事業を支えて頂いた、特に安定的に原料の供給を得た商社、アメリカ大豆輸出協会、日本植物油協会、在日米国大使館、加えて100年の長期に亘り、当社の大豆油、大豆ミールをご愛用頂いてきた御客様の支持にも改めて感謝したい」
 「2016年の国内の植物油総供給量は、0・5%増の264万トンであったのに対し、大豆油は44・2万トンで、2・4%増加している。当社も改めて大豆油の美味しさ、価値についてお客様に提案活動を継続しており、減少傾向にあった大豆油の販売 も増加に転じている。今後もお客様にとって価値ある大豆油を安定的に供給出来る様に努めてまいる所存である。最後になるが明後日から実質運転を開始する予定になっているが、私共もこれまで以上に精進を重ね、変わらず安心・安全の商品を提供していく所存であるので、引き続きご指導を御願いしたい。倉敷工場の安定的な稼働を祈念して挨拶としたい」と語った。
 引き続き、来賓の祝辞があり、初めに在日米国大使館の農務担当公使のゲーリーマイヤー氏が、挨拶を行い「Jーオイルミルズが米国大豆の最大の取引先である」事に敬意を表して、感謝状を贈呈した。
 アメリカ大豆輸出協会のジム・サッターCEOは、「Jーオイルミルズが大豆搾油でトップメーカーであり、今後も米国大豆の購入を期待している」等と語り記念品の贈呈があった。
 引き続きJーオイルミルズから工事関係者への感謝状の贈呈が行われ、味の素エンジニアリング、JFEエンジニアリング等11社に対して八馬社長から感謝状と記念品が送られた。
 施工者を代表してJFEエンジニアリング常務執行役員の吉田誠太郎氏が答礼の挨拶行い、特にその中で「このプロジェクトが大豆搾油工場としては、これまでにない大規模なミッションとなった。約15カ月の工事の中で、実に50万時間の労働時間を完全無災害、無事故でやり遂げた事を関係各社に感謝したい。晴れの国岡山倉敷の地で、Jーオイルミルズが発展する事を祈念したい」と語った。
 全国農業協同組合連合会・畜産生産部長の齊藤良樹氏の乾杯の音頭で懇親会に入り中締めは、味の素・常務執行役員の栃尾雅也氏が行った。栃尾市は挨拶の中で「祝辞の中で、岡山県は晴れの国と云うものがあった。私事で恐縮ではあるが、大学受験で全てを失敗した時に心が折れて訪ねた国が岡山ある。風光明美に触れ、ママカリを食べて心が晴れた事で、翌年には受験に成功した思い出の地でもある。私にとって岡山県は心の晴れの国でもある。いよいよ倉敷の最新工場がスタートする事になる。本日の竣工式を契機として、Jーオイルミルズが、より構造改革を進め、地域の皆様と共に油を極め、人の心を動かせる、美味しさをデザイン出来る会社を目指して、世界に無くてはならない存在になってくれる事を祈念し、皆様には、これからも変わら ご鞭撻を御願いしたい」と語り、三本締めで、和やかなうちに懇親会を締括った。
 



オリーブ油