日油株式会社
   17年度新製品を発売
  日常をハレの日に、本物志向の商品開発
 和菓子用製菓改良脂「スプリーム」
     
   日油㈱(東京都渋谷区・小林明治社長)はこのほど、2017年度の新製品を発売した。
 今年度のテーマは「日常をハレの日に!本物志向の商品開発」。近年、モノの価値がわかる大人に向けた、本物志向の商品開発が求められている。いつの時代でも求められる伝統的な定番品から、なつかしいけど新しいものまで、本物感のある商品を開発する新製品を発売したもの。日常がハレの日になるような、一つ上の価値を提供する。
 新製品の概要は次のとおり。
和菓子用製菓改良脂「スプリーム」
どら焼きなどの平鍋物から蒸し物に使用できる、ソフトさをアップさせる練り込み油脂。どら焼きの市場調査を実施し、傾向を分析すると、生地の質感を重視しており、多様化しつつもソフトな食感が求められていることがわかった。 産品だけでなく、伝統を重視する和菓子店でも日持ちが課題となっている。スプリームを使うと、乳化剤と酵素によってソフトさに優れた菓子になり、老化防止効 も得られる。生地になじみやすいペースと状なので、作業性も良好となっている。
▽ロールイン油脂「JUシート1×15」
バターのようなジューシー感を付与するロールイン油脂。近年、デニッシュ生地への関心が高まっていることから、リテールベーカリーのペストリー製品の市場調査を実施した。人気商品の特徴を分析し、製品開発に取り入れた。JUシートを使用すると、口の中で油脂が溶けることによって、口どけの良さやジューシー感が得られ、豊かな味わいが広がる。本物志向のリテールベーカリーで求められるような風味豊かでジューシーなバター感のある生地になる。
サンド・フィリング用マーガリン「サンドールBM」
バターの自然なおいしさを再現したフィリングマーガリン。北海道クリームやバター由来の風味素材など厳選した原材料を使用している。良好な口どけで、優れた呈味性とすっきりとした後味。ミルク感のあるナチュラルなバター風味に塩味がアクセントになっており、人気となっている「あんバターコッペパン」などにもぴったり。「なつかしくて あたらしい」商品の開発に役立つ。
 



カナダ菜種