全国納豆協同組合連合会
   納豆の日で納豆クイーン表彰式
 タレントの岡田結実さんが受賞
     
   全国納豆協同組合連合会(納豆連、東京都台東区・野呂剛弘会長)は4日、東京・銀座の時事 信ホールで、7月10日の「納豆の日」に向けて2017年度「納豆クイーン表彰式」を開催した。
 今年度は、テレビや雑誌、そしてモデルとしても活躍する「岡田結実さん」が納豆クイーンの称号を得た。幼いころから(家の)冷蔵庫には納豆が入っていたという岡田さんは「納豆のように粘り強い人になれるようにがんばりたい。これからも納豆の良さを広めていきたい」と受賞の喜びを語った。当日はこのほか、八代目ミス納豆に選ばれたタレントユニット「しーくいーん」の3田寺理沙さん、日野麻衣さんも登場。また、avexの納豆好きアーティスト&俳優で設立された「納豆部」の花村想太さん(ボーカルグループDaiCE)、井澤勇貴さん(俳優)、武子直輝さん(同)の三人を「納豆盛り上げ大使」に任命した。表彰式にはまた、茨城県非公認のマスコットキャラクター、納豆の妖精「ねば〜る君」がガールフレンドの「うめねばちゃん」を連れて祝福に駆けつけた。,
 表彰式では、はじめに納豆連の野呂剛弘会長が「納豆連は、納豆の健康情報などを配信し、日本の食文化を牽引してきたと自負している。納豆は体に良い食品であるということは昔からよく知られているが、最近の科学的研究などを含め、海外の研究者からも注目を集める食材となっている。とくに日本食、発酵食品ということに世界中の方々が興味を持たれている中で、日本人の健康、長寿の秘訣は発酵食品、納豆ではないかというような視点からも注目を浴びているところだ。昔は全国に納豆屋さんがあり、その地方の好みに合わせた納豆を作っていたということもあるが、最近は価格志向になっており、難しい状況になっていることは否めない。しかし、納豆そのものの売上げ、業界規模は毎年、着実に増えてきており、非常に人気のある食品だということを我々も自覚すると同時に、今後の対処法をいろいろと考えていきたい」とあいさつした。,

納豆クイーンに選ばれた
岡田結実さん(中央)
 2002年にスタートした「納豆クイーン」は、納豆が大好きな納豆食推進のイメージリーダーに贈呈される称号。初代の菊川玲さんをはじめ、これまで上戸彩さん、和田アキ子さん、吉田羊さん、昨年は若手女優の松岡茉優さんが受賞している。今年、納豆クイーンとなった岡田結実さんは「小さい頃から納豆を食べていた。まさか、納豆クイーンになれるとは思っていなかったのでうれしい。家族みんなが喜ぶと思う。納豆のように粘り強い人間になれるようにがんばりたい。これからも納豆の良さを広めていきたい」と満 の笑みで喜びを語った。
 また、野呂会長からクリスタル製のトロフィーを受け取り、「冷蔵庫を開けると納豆がある環境だった。最近はお仕事でも食べたし、その後も研究しようと思い、調味料を買ってきていろいろ試している。食卓でも、お味噌汁、白ご飯、納豆と並んでいた。親から健康に気をつけなさい、豆を摂りなさいと言われるが、納豆をよく食べるようにしている。朝、学校に着いてから朝ご飯を食べることもあるが、納豆巻きを食べていると、友達に『また食べているよ』と言われたりする。冷蔵庫の中に納豆があると安心できる。お兄ちゃんもよく納豆を食べるので、無いと、どっちが買いに行くかで、けんかになったこともある」と納豆にまつわるエピソードを披露した。
 岡田さんはまた、自己流の「究極のおいしさ」を引き出す食べ方を紹介。「何も材料は入れず、カラシは人それぞれでいいが、まずは納豆をよく混ぜてから、タレを半分だけかけて『おいしくなれ、おいしくなれ』と気持ちを込めてよく混ぜる。そして、ご飯にのせてから残ったタレをかけて完成。それだけで、普段食べている納豆の味が引き立つ。タレを半分残して、上にかけるだけでタレの風味も納豆の風味も際立つ。混ぜる回数も多ければ多いほどネバネバが出てきて、すごくおいしい」と、岡田流の食べ方を紹介した。,
 このほか、八代目ミス納豆に選ばれたタレントユニット「しーくいーん」の三田寺理沙さん、日野麻衣さんが「納豆のように粘り強くがんばり、愛される存在になりたい」と決意を語った。二人はこれから二年間、納豆のPR活動を行う。また、「納豆盛り上げ大使」に任命された「納豆部」の部長、花村さんは「納豆盛り上げ大使として、世界中を納豆で埋め尽くしたい。納豆の雨を降らせたい」と意気込みを語った。表彰式にはまた、茨城県非公認のマスコットキャラクター、納豆の妖精「ねば〜る君」がガールフレンドの「うめねばちゃん」を連れて祝福に駆けつけ、そろって「ネバ!」と身長が大きくなる得意のパフォーマンスを見せ、岡田さんを驚かせていた。
 なお、八月八日には、全国の高校生による納豆レシピ選手権「納豆甲子園」の決勝戦が東京・渋谷区の服部栄養専門学校で開かれる。第一回目の開催となる今年のテーマは、地元食材を使った納豆料理と納豆を使ったスイーツで、全国6ブロックから勝ち抜いた予選 過高校が三人一組で課題の二品を料理し、優勝を争う。
 



 U S D A