U S D A
   17/18年世界の大豆生産予想  
  3億4509万トンで0.1%の微増
 米国、中国が前月から上方修正
     
   米農務省(USDA)は、7月12日(現地時間)に今年3回目の報告となる2017/18年度産「世界の新穀大豆需給予想」を発表した。
 それによる世界の大豆生産高予想は、米国と中国が前月(6月9日)発表から僅かではあるが上方修正した事で、全世界合計では前月から42万トン(0・1%)上方修正して3億4,509万トンとなった。
 米国産大豆は、イールド(エーカー当たり収量)が52・1ブッシェルと史上最高となった2016/17年クロップの1億1721万トンに比べると、127万トン(1・1%)の減産見通しとなっている。
 米国以外での主要国で生産予想を上方修正したのは、中国が前月から20万トン(1・4%)上方修正して1,400万トンとした。
 その他のブラジル(1億700万トン)、アルゼンチン(5,700万トン)、パラグアイ(940万トン)、ボリビア(300万トン)、インド(1,150トン)、カナダ(840万トン)、ロシア連邦(330万トン)、ウクライナ(460万トン)、EUー28(245万トン)、インドネシア(54万トン)、南アフリカ(110万トン)、ナイジェリア(68万トン)の各国は前月発表を据置いている。
 世界の大豆の需給環境は、消費高で米国(5,675万トン)、アルゼンチン(5000万トン)、ブラジル(4,570万トン)、パラグアイ400万トン)、日本(351万トン)、メキシコ(476万トン)の各国が前月発表を据置いた。一方で、EUー28が前月から20万トン(1・2%)下方修正して1704万トンとする中で、中国が同130万トン(1・2%)上方修正して1億810万トンとした事で、全世界では前月から106万トン(0・3%)上方修正して3億4527万トンとなった。
 世界の輸入高予想も、主要輸入国であるEUー28が前月から20万トン減の1,480万トンとする中で、中国が同100万トン(1・1%)上方修正して9,400万トンした事から全世界では前月から99万トン(0・7%)上方修正して1億4,860万トンとなった。
 世界の輸出高予想については、主要輸出国のブラジルが前月から50万トン(0・8%)上方修正して6,400万トンとした事で、全世界では前月発表から60万トン(0・4%)上方修正して1億4,966万トンとなった。
 生産高予想が増加見通しの中、それを上回る需要量の増加があったが、世界の大豆の期末在庫は、前月から131万トン(1・4%)上方修正して9,353万トンとなった。
 


  ㈱J-オイルミルズ