USDA
   17/18年度世界コーン需給予想  
  生産10億3690万トンで0.5%増加
 米国が作付・収穫面積上方修正
     
   米農務省(USDA)は現地7月12日に、今年3回目の報告となる2017/18年クロップの世界の「トウモロコシ」需給予想を発表した。
 それによる世界のトウモロコシの生産高予想は、前回(6月9日)発表で生産予想を据置いた最大生産国の米国が、作付・収穫 積を上方修正した事で、生産も増産予想になった。米国の増産予想で、全世界の生産見通しも前月発表から504万トン(0・5%)上方修正して10億3690万トンとなった。
 今回発表で生産高予想を上方修正させた国は、前述した米国が同482万トン(1・3%)増の3億6,209万トンに、東南アジアも同60万トン(2・0%)増の3,021万トンに、それぞれ上方修正した。
生産高を下方修正したのは、EUー28が前月発表から更に40万トン(2・0%)減の6160万トンに、旧ソ連12カ国も同5万トン(0・1%)減の4880万トンに、それぞれ下方修正した。
 その他のアルゼンチン(4,000万トン)、ブラジル(9,500万トン)、南アフリカ(1,250万トン)、エジプト(600万トン)、メキシコ(2,500万トン)、韓国(8万トン)、カナダ(1,440万トン)、中国(2億1,500万トン)、ウクライナ(2,850万トン)の各国は前月発表を据置いている。
 世界の新穀トウモロコシの需給 は、消費高がブラジル(6,150万トン)、南アフリカ(1,170万トン)、エジプト(1,590万トン)、EUー28(7,470万トン)、日本(1,510万トン)、メキシコ(4,070万トン)、韓国(1,030万トン)、カナダ(1,410万トン)、中国(2億3,800万トン)等の主要国が据置く中で、米国が同127万トン(0・4%)増の3億1,688万トンに、アルゼンチンも同50万トン(4・4%)増の1,180万トンに、東南アジアも同70万トン(1・6%)増の4,515万トンにそれぞれ上方修正した事で、全世界では前月から 148万トン(0・1%)上方修正して10億6,360万トンとなった。
 世界の輸入高予想は、エジプト(1,000万トン)、EUー28(1500万トン)、日本(1,500万トン)、メキシコ(1,550万トン)、東南アジア(1,510万トン)、韓国(1,020万トン)等のほとんどの主要輸入国が据置いた事で、全世界では前月から僅か1万トンではあるが上方修正して1億4,580万トンになった。
 世界のトウモロコシの輸出高予想は、米国(4,763万トン)、アルゼンチン(2,850万トン)、ブラジル(3,400万トン)、旧ソ連12カ国(2,671万トン)、ウクライナ(2,050万トン)の主要国のほとんどが前月発表を据置いた事で、全世界では前月から僅か45万トン(0・3%)下方修正して1億5,246万トンとなった。
 生産予想が上方修正される中で、輸出需要が下方修正された事で、世界の新穀トウモロコシの期末在庫予想は前月発表から648万トン(3・3%)上方修正して2億81万トンとなった。
 


 豆種油斗缶