㈱Jーオイルミルズ
   揚げヂカラコクプラス新発売
 から揚げなどを印象的な味に
   
  ㈱Jーオイルミルズ(東京都中央区・八馬史尚社長)は8月下旬から、業務用油脂製品の「揚げヂカラコクプラス」16㎏ を新発売した。
 生活者が外食に求める志向は、ちょっと高くても「おいしいもの」をというこだわり派と、節約志向の価格派といった消費の二極化が進む傾向にある。外食店においても、他店と差別化された価値のあるメニューがないと競争に生き残れない厳しい環境となり、登場頻度の高い揚げものメニュー、特に人気の「から揚げ」を「当店ならでは」の味として魅力を高め、常連客の満足度向上や新たなファンを獲得することが課題となっている。  同社では今回、プロの料理人の声をもとに、特に「から揚げ」を特長ある風味に仕上げることにこだわった「揚げヂカラコクプラス」16㎏ を発売し、外食店の差別化メニューを強化することを提案することによって、需要喚起を図っていくもの。
製品概要は次のとおり
製品名=「揚げヂカラ コクプラス」16㎏
出荷日=8月下旬
製品特長
①主原料である大豆油のコクを独自製法により引き立てることで
  ②から揚げなどの「揚げもの全般を
  ③お酒が進む、印象的な味わいに仕上げる
 同社はまた、8月下旬から、業務用油脂製品「揚げヂカラおいしさ長持ちプラスオリーブオイル入り」4㎏×3ピローを新発売。
 オリーブオイルの健康志向が高まる中にあって、惣菜の油に関してもオリーブオイルの需要は高まってきている。同社は今回、「揚げヂカラおいしさ長持ちプラスオリーブオイル入り」4㎏×3ピローを発売し、オリーブオイルをブレンドした製品の需要を喚起していく。
 同製品は、同社独自のブレンド技術や「TEE UP製法」(特許製法)によって揚げものの風味劣化を抑制する。オリーブの健康志向だけでなく、「冷めてもおいしい」揚げものとして、惣菜の差 化に役立ててもらう。
製品概要は次のとおり。
製品名=「揚げヂカラおいしさ長持ちプラスオリーブオイル入り」4㎏×3ピロー
出荷日=8月下旬
製品特長=こだわりのオリーブオイルブレンドに加え、独自のTEE UP製法(特許製法)によって冷めても油っぽくならず、サクサク感が持続しておいしさが長持ちする さらに調理時のにおい(加熱臭)を低減する。
「J-OILPRO プロのための調味油」誕生、花椒油発売 
  ㈱J-オイルミルズ)は、業務用油脂製品として、香りとコクでおいしさをデザインする新ブランド「JーOILPRO プロのための調味油」を立ち上げた。
 また、新ブランド製品の第一弾として、「JーOILPRO プロのための調味油花椒油」1000gエコボトル6本入りを先行発売した。
 「JーOIL PRO プロのための調味油 花椒油」は、花椒のさわやかな香りとほど良い刺激を植物油脂にたっぷりと溶け込ませた調味油。本場四川料理に欠かせない風味を同社がオイルタイプに仕立てた。
製品概要は次のとおり。
 
製品名=「JーOILPRO プロのための調味油」花椒油
荷姿 =1000gエコボトル6本入り/ケース
出荷日=8月下旬
製品特長=花椒のさわやかな香りと、ほど良い刺激を植物油脂にたっぷりと溶け込ませた調味油
使用方法=麻婆豆腐等の炒めものの仕上げ時に12%ほど添加。
同社は2017年度から、「油を究めて幸せを創る2020」「あぶら」を究めて、心動かすおいしさを創造するおいしさデザイン企業へーーをテーマとした第5期中期経営計画を推進している。今回、「おいしさデザイン企業」を目指した油脂の高付加価値化への取り組みとして、業務用油脂において香りとコクでおいしさをデザインする新ブランド、「JーOIL PRO プロのための調味油」シリーズを立ち上げたもの。
 「JーOIL PRO プロのための調味油は、素材そのものの香りや調理した時の香り(調理香)をオイルにしっかり溶け込ませ、それをさまざまな調理シーンでいつでも引き出せる、「料理の味を調えておいしくするオイル(調味油)」。商品ごとのメニュー提案はもちろん、調理工程や生産工程に至るまで、さまざまなシーンに対応した提案を実施し、オイルならではの機能で顧客の課題解決に貢献していく。 
 



㈶日本水産油脂協会