太田油脂㈱
   脂質栄養学会の市民講座を共催  
  オメガ3の健康機能など 
 えごまオイル簡単レシピ紹介
     
   太田油脂㈱(愛知県岡崎市・太田健介社長)は9月23日、東京・千代田区一ツ橋の一橋講堂で開催された市民公開講座「脳と心と体にやさしいあぶらを知る」に共催した。
 同講座は、「第26回日本脂質栄養学会」と同時開催したもの。同学会で得られた最新の知識について、一人の人を対象にわかりやすく解説。今回は、話題のオメガ3についての講演や料理家によるオメガ3の簡単レシピの実演を行った。
 当日は、麻布大学生命・環境科学部食品生命科学科教授の守口徹氏が「私たちの健康とオメガ3系脂肪酸」、太田油脂オイルアンバサダー、野菜ソムリエ上級プロの斉藤緑里さんが「オメガ3の食事への取り入れ方」ーーをテーマに講演。会場には大勢の参加者が詰めかけ、メモを取るなど2人の講演に熱心に耳を傾けていた。オメガ3脂肪酸への関心の高さがうかがえた公開講座となった。
 守口氏はまず、三大栄養素である炭水化物、たんぱく質、脂質の消化・吸収のメカニズムから説き起こし、脂肪酸の種類、主な油脂の脂肪酸組成、さらには必須脂肪酸として「オメガ6系脂肪酸グループ(リノール酸系)」と「オメガ3系脂肪酸グループ(αーリノレン酸)」があることなどを説明した。また、脂質については「良い油を積極的に摂取することが非常に重要である」と強調。日本人の脂質摂取の変遷などを解説した上で、「日本人はオメガ3の供給ソースである魚介を食べなくなってきており、脳機能の活性化など健康に欠かせないDHA・EPAの摂取 が減少してきている」と指摘。従って、代替できるオメガ3脂肪酸の摂取が求められており、えごま油やアマニ油に含まれているオメガ3脂肪酸が健康に寄与することを強調した。
 守口氏は引き続き、オメガ3脂肪酸欠乏と脳機能の関係について、ラットでの研究結果について報告。「オメガ3系脂肪酸が欠乏すると、脳機能を中心に多くの障害が起きやすくなる」と強調。さらに、オメガ3系脂肪酸が乳児・幼児期から老年期に至る人間のライフステージの中で「脳機能の発達・維持・活性化や循環器疾患など生活習慣病、眼性疾患の改善などへの有用性が期待できる」とし、「健全な脳機能(心)を維持するために、日頃から意識してオメガ3系脂肪酸を取り入れることが大切である」と述べ、講演を締めくくった。
 太田油脂オイルアンバサダーの斉藤さんは、油と栄養の関係について「油はビタミンの吸収を助ける働きがある。脂溶性ビタミンには、目の健康を維持するビタミンA、骨や歯を丈夫にするビタミンD、強力な抗酸化効果のビタミンE、血液を凝固させ止血するビタミンKがある」と説明。また、代表的な健康オイルについて「ココナッツオイルは中鎖脂肪酸が多く、エネルギー源として利用されやすく、蓄積しにくい。オリーブオイルは、オメガ9脂肪酸が多く、悪 コレステロールを下げる働きが期待される。そして、えごまオイルはオメガ3脂肪酸が多く、抗炎症作用、脳機能への効 が期待される」と、その違いを解説した。
 その上で、斉藤さんは「オメガ3は意識しないと摂取できない」と強調。2015年4月からオメガ3脂肪酸(nー3系脂肪酸)が栄養機能食品(一日当たりの摂取目安 0・6g〜2・0g)となり、オメガ3オイルで約小さじ一杯分(1・8g)がマアジ六匹分に相当するとした上で、おすすめレシピとしてオメガ3オイルとポン酢醤油の「和風ドレッシング」、また、「えごまオイルも少々の加熱(5分程度)ならOK」(斉藤さん)とのことから、パスタやサラダにアレンジ可能な「キノコのえごまオイル炒め」を紹介した。さらに、脂溶性ビタミンとオイルを合わせることで吸収率が高まる「柿とヨーグルトのスムージー」も実演した。


 輸入通関実績/魚粉