インドネシア
    インドネシアのパーム油生産
  2020年までに年間4,200万トン目指す
   
    インドネシアのジャカルタポストはこのほど、インドネシア・パーム油業界連盟のジョコ・スプリヨノ会長が、2020年までに年間4,200万トンのパーム油生産を目指す事を伝えている。
 同国はパーム油生産世界首 であり、2016年の生産 は3,600万トン(世界全体の55%)に達した。
 ジョコ会長は農園の拡大や新規開発ではなく、既存農園の生産性向上で増産を図りたいとの考えを示した。
  インドネシアのパーム油農園構成比は、国営農園7%、民間の大規模農園53%、小規模農園40%となっている。ジョコ会長は、小規模農園の生産性が大規模農園の半分から三分の一程度しかないと指摘し、政府との連携による小規模農園の生産性向上で増産目標を達成出来るとの認識を示した。
 同政府は現在、環境への配慮を理由に大規模農園の新規開発を一時停止しており、今後益々小規模農園の存在が重要になって来る。
 


 インドネシア