日清オイリオグループ㈱
   生産拠点エネ調達から供給最適化
 JFEエンジ二アリングと協働で
 
   
   日清オイリオグループ㈱(東京都中央区・久野貴久社長)とJFEエンジ2アリング㈱(東京都千代田区・大下元社長)は13日、「日清オイリオの生産拠点全体のエネルギー調達から供給までの最適化」を実施することで基本合意したと発表した。
 日清オイリオは従来から、安定した電力確保と環境負荷低減を目的として、各拠点で自家発電設備の増強や省エネ活動に取り組んでいる。また、JFEエンジはコージェネレーションシステム(発電時に発生する熱をエネルギーとして直接利用できるようにしたシステム。エネルギーを無 なく利用するため省エネルギーが可能)や再生可能エネルギーを活用したオンサイトエネルギーサービス(需要家の敷地内にエネルギー供給設備を設置し、電気や熱のエネルギー供給を行うサービス。1 に、エネルギー供給事業者が設備の保有や燃料調達、維持管理まで行い、エネルギー調達プロセスのアウトソーシングとして活用される)事業に積極的に取り組んでいる。今回、両社が協働し、「全社規模でのエネルギー融 の仕組み」の検討を進め、エネルギー調達から供給までの抜本的な見直しを行った結 、以下のとおり、合意に至ったもの。
合意内容は次のとおり。
日清オイリオの生産拠点である横浜磯子事業場、名古屋工場にJFEエンジがコージェネレーションシステムを設置し、オンサイトエネルギーサービスを提供。
JFEエンジは、上述のサービスで得られる電力と自社の保有電源や送電ネットワークを駆使し、日清オイリオの他拠点(堺事業場、水島工場)へも電力を融 。これにより、日清オイリオの生産拠点全体の電力を安定的に確保。
 全国に展開する生産拠点を対象にし、同時にエネルギー調達から供給までの最適化を行う今回の取り組みは、国内初となる。同取り組みによる効 として、日清オイリオはCO2排出 を約17%削減できる見込みであり(2015年度比)、合わせてコスト構造の変革を実現し、エネルギー調達費用も削減できる見込み。また、今後、グループ会社を含む日清オイリオのその他生産拠点、事業所等へ同サービスを拡大することも検討していく。
 日清オイリオは、今後もさまざまなエネルギー施策を継続的に実施していくことで、環境諸課題に対し一歩先行した取り組みを行い、「持続可能な社会づくり」を目指していく。また、JFEエンジはエネルギー分野のみならず、顧客のニーズに合わせたトータルソリューションをワンストップで提供していく。
 



  マレーシアのパーム油