かどや製油㈱
   かどや製油がカタギ食品子会社化
 食品ゴマ市場でともに発展目指す
   
   かどや製油㈱(東京都品川区・小澤二郎社長)は10月30日、家庭用食品ゴマ・加工ゴマの製造・販売を手がけるカタギ食品㈱(大阪府寝屋川市・高田直幸社長)の発行済普 株式の自己株式を除く全株式を取得すると発表した。株式取得日は11月16日。
 カタギ食品は、「和協」「お客様に感謝の気持ちを持つ」「お客様のご要望にお応えする商品を作る」「和算で考え従業員一人一人の足算」を信条に、戦前から家庭用食品ゴマの加工・販売を展開。品質の良い家庭用食品ゴマ原材料を確保するため、世界各国の産地を開拓するなど「最高の技術」「最高の原料」「最高の製品」に努め、消費者に安心してもらえる商品を提案している。こうした経営方針の下、同社は着実に発展を遂げており、家庭用ゴマ製品の国内シェアは約2割強を占める。 同社は「お客様に常に感謝の心を持ち、安心・安全かつ価値あるゴマ製品を提供することで、健康でより豊かな食生活に貢献する」という経営理念に基づき、ゴマ油や食品ゴマなどの製品を製造・販売。家庭用はもとより加工食品の原料や外食産業の業務用など、さまざまな用途に応じたゴマに関連する製品を展開している。
 こうした状況の中、かどや製油は、家庭用食品ゴマ事業のさらなる成長と発展を目的として、今回、カタギ食品を子会社化するもの。株式取得によって、カタギ食品の持つブランド力を維持しつつ、今後はカタギ食品と協力して品質管理、商品開発力等のレベルを向上させ、食品ゴマ市場で両社の発展を目指していく考え。   
 カタギ食品の直近の業績は、平成29年3月期で売上高34億100万円、営業利益1億8,300万円、経常利益1億7,800万円、当期純利益1億1,600万円。
 なお、カタギ食品には取締役執行役員販売本部販売業務部長兼物流部長の馬場宗夫氏が11月16日付でカタギ食品の代表取締役副社長に就任する。
 



 味の素㈱