マレー・パーム油需給
   10月生産 200万トン超え13%増に
 在庫219万トンで8.4%増、輸出2%増
   
   MPOB(マレーシア・パームオイル・ボード)は10日、今年10月分のマレーシア・パーム油需給統計を発表した。
 当月の原油生産量は200万8,841トンとなり、前月と比べ12・9%増となった。前年同月(167万7,873トン)との比較でも19・7%増。半島部が108万4,658トンで前月比11・8%増、東マレーシアが92万4,183トンで同14・1%増。
 在庫量は原油在庫が123万855トンで同15・4%増、精製パーム油在庫が95万9,251トンで同0・6%増。合計在庫 は219万106トンで同8・4%増となった。前年同月(157万4,471トン)比も39・1%増。
 輸出量は154万8,724トンで前月比2・0%増、前年同月(143万6,070トン)との比較でも7・8%の増加となった。
 



U S D A(大豆)