不二製油グループ本社㈱
   IR優良企業特別賞を初受賞
 目覚ましいIR活動が評価
   
   不二製油グループ本社㈱(大阪市北区・清水洋史社長)は、日本IR協議会主催の「2017年度IR優良企業賞」において、ここ数年のIR活動の進展が目覚ましいとして「IR優良企業特別賞」を初めて受賞した。
 選定の理由として評価されたのは①経営トップを中心にマネジメント層が一体となってIR強化に取り組んでいる②社内取締役だけでなく社外取締役もIRミーティングに参加するなど、株式市場と積極的に対話する姿勢を強めている③IR部門は技術説明会や施設見学会などのイベントを じ、投資家とのコミュニケーション機会を拡大しビジネスモデルの理解を促している④投資家の視点を取り入れた中期経営計画の発表などにも取り組んでいるーー。
同社では「不二製油グループは今後も、ステークホルダーの皆さまへの適切な情報提供を一層推進していく」とコメントしている。
 【日本IR協議会「IR優良企業賞」について】 日本IR協議会は毎年一回、優れたIR活動を実施している企業を会員企業の中から選定し、発表している。審査委員会はアナリスト、投資家、報道機関などで構成されており、応募企業が申告する「調査票」の結 を踏まえて、「IR優良企業」を決定。「IR優良企業」は株価や時価総額を高水準に保つ傾向が見られ「IR優良企業賞」は企業だけではなく、個人投資家など市場関係者からも注目を集めている。
 



 東京油問屋市場