豆種油斗缶
 製油側値上げ継続で強含みに 
  積み残し分の是正に注力
  搾油採算は1〜3月も厳しく
     
   日本油脂検査協会は20日、今年11月分の食用植物油JAS格付実績を発表した。
 それによると、合計で11万8,140トンとなり、前年同月と比べ2・1%増となった。用途 では、家庭用が2万6,837トンで同2・1%減、業務用は3万6,489トンで同4・1%増、加工用は5万4,814トンで同2・9%増となった。
 今期4〜11月累計では、家庭用が20万2,083トンで前年同期比1・4%増、業務用が27万3,051トンで同1・4%増、加工用が41万8,323トンで同1・2%増と全用途で前年を上回って推移している。合計は89万3,457トンで同1・3%増。
 



 日本油脂検査協会