全国マヨ・ドレ類協会
   2017年マヨネーズ・ドレッシング
  年間生産 41万5863トン前年増
 需要増で4年連続過去最高更新
   
   全国マヨネーズ・ドレッシング類協会(東京都中央区・TEL=03・3563・3590)は去る1月19日に平成29年(2017年)暦年のマヨネーズ・ドレッシング類の生産量(会員数10社の計)を発表した。
 それによる平成29年年間(1月〜12月計)の生産実績は、全体で41万5,863トン(対前年比100・5%)と平成23年以降、年を追って増加し、過去最高の生産 を4年連続で更新した。
 平成29年の内訳を見ると、全種類の過半を占めるマヨネーズ生産が22万2,953トン(対前年比100・4%)、マヨネーズ以外の半固体状ドレッシング(カロリーを低減した所謂マヨネーズタイプのもの)が6万1,217トン(同99・8%)、液状ドレッシング(乳化タイプ及び分離タイプ)が10万5762トン(同102・6%)、ドレッシングタイプ調味料(ノンオイルドレッシング)が2万5,786トン(同95・0%)となっている。
 平成29年のマヨネーズ・ドレッシング類の需給環境について、同協会では、平成29年は夏場の長雨等の天候不順の影響もあったが、マヨネーズの汎用キャンペーンやきめ細かな消費者ニーズに対応した新商品の開発、多様なメニュー提案など会員各社が様々な取り組みを進める中で、液状ドレッシングとマヨネーズが市場を牽引した。
 液状ドレッシングは会員各社の創意工夫によるバラエティ豊かな商品開発により大きく増加した。また、マヨネーズは平成13年以降は減少傾向で推移していたが、同23年以降は増加に転じ堅調な需要に支えられて7年連続して増加している。
 


  全国マヨ・ドレ類協会