財務省発表
   17年のオリーブ油輸入量 5.7万 
  前年比2.4%減、EVは1.7%増に
 12月の輸入料は16%増
   
   財務省が1月下旬に発表した2017年12月分の輸入通関実績によると、当月の「オリーブ油」輸入量は3,946トン(1トン未満4捨5入、以下同)となり、前年同月と比べ16・2%の大幅増となった。内訳は、エキストラバージン(EV)が2,953トンで同24・6%増、ピュアが809トンで同10・7%減。その他分 油の輸入 は184トンとなっている。
 この結果、2017年の年間(1〜11月累計)輸入量は、EVが4万1,330トンで前年同期比1・7%増、ピュアは1万3,498トンで同8・4%減となった。その他分別油2、206トンを加えたトータルの輸入量は、5万7,034トンとなり、同2・4%減となった。
 当月の輸入金額は、EVが21億7159万6,000円で、キロ当たり輸入単価は735円で前年同月比26・1%(152円)の上昇。ピュアは4億7,236万1,000円で、同単価は584円で同30・4%(136円)の大幅高となっている。前月との比較ではEVが64円安、ピュアは26円安。
 16/17年産のイタリア大幅減産、スペインの生産も当初予想を下回ったことを背景に、現地相場は一昨年後半から急騰。17/18年のイタリアの生産が回復したことから、相場は昨年後半から軟化しているものの、輸入単価はいましばらく高止まりする見通しだ。
 12月と17年1〜12月累計のオリーブ油の国別 輸入実績は次のとおり(累計10トン以上、カッコ内は金額)。
〈エキストラバージン〉
ヨルダン川西岸及びガザ=累計27・296トン(3664万1000円)
フランス=3・350トン(983万3,000円)、累計38・761トン(8,015万7,000円)
ポルトガル=6・612トン(783万4,000円)、累計43・187トン(6,130万6,000円)
スペイン=1,795・338トン(11億4,129万8,000円)、累計2万4,379・942トン(141億3,108万8,000円)
イタリア=937・653トン(8億5,709万6,000円)、累計1万4,813・5,13トン(116億7,606万4,000円)
ギリシャ=51・102トン(3,982万円)、累計680・223トン(4億8,928万5,000円)
トルコ=106・699トン(5,803万9,000円)、累計790・907トン(4億1,296万5,000円)
米国=24・252トン(2,430万4,000円)、累計49・029トン(7,783万4,000円)
チリ=8・535トン(796万1,000円)、累計73・224トン(6,131万5,000円)
チュニジア=累計206・6,11トン(1億5,281万8,000円)
豪州=12・422トン(1,460万6,000円)、累計196・1,85トン(1億8,537万8,000円)
合計=2,952・839トン(21億7,159万6,000円)、累計4万1,329・730トン(274億1,731万1,000円)
〈ピュア〉
オランダ=累計28・310トン(2,148万8,000円)
スペイン=465・314トン(2億6,734万5,000円)、累計8,307・068トン(43億8,086万5,000円)
イタリア=317・311トン(1億9,184万8,000円)、累計4961・292トン(27億8,988万1,000円)
トルコ=24・206トン(1,143万2,000円)、累計190・725トン(8,721万1,000円)
合計=809・150トン(4億7,236万1,000円)、累計1万3,497・912トン(72億8,993万5,000円)

 


 日清オイリオグループ㈱