昭和産業㈱
   昭和産業が4月2日付で
 カルビー保有ガーデンベーカリー株式を取得
     
   昭和産業㈱(東京都千代田区内神田・新妻一彦社長)は6日、4月2日付で、「ガーデンベーカリー㈱」の発行済株式の66・6%を取得することについてカルビーとの間で株式譲渡契約を締結したと発表した。
 株式取得の理由について、同社では「2025年度に向けたありたい姿を示す長期ビジョン『SHOWA Next Stage for 2025』および『中期経営計画17/19』で掲げる基本戦略『基盤事業の強化』『事業領域の拡大』の一環として本株式取得を実施することとした。当社は現在、冷凍パン生地および菓子類を製造するグランソールベーカリー、その冷凍パン生地を焼成するスウィングベーカリーを連結子会社に持ち、セブンーイレブン・ジャパン向けに小麦粉・ミックス等の原料供給から焼成までの一貫体制を有している。今後は、カルビーと当社の両社による事業強化を進めることで、ガーデンベーカリーとその子会社タワーベーカリーを含めた相互連携を強化し、競争力のある商品の開発と生産性の向上を目指していく」と説明している。
株式取得の方法と日程は次のとおり。
▽取得の方法=カルビーが保有するガーデンベーカリーの発行済株式1,332株(所有割合
 66・6%)を昭和産業に譲渡する
▽取得予定日=2018年4月2日。
ガーデンベーカリーの概要は次のとおり。
▽商号=ガーデンベーカリー㈱
▽代表者=代表取締役社長関口晴彦
▽設立=1996年6月19日
▽所在地=東京都昭島市
▽事業内容=パン及び菓子類の製造販売
▽資本金=1億円
▽関係会社=タワーベーカリー、スターベーカリー。
 



 大豆粕商談