不二製油グループ本社
   米国に新会社、2年後に生産稼働
 パーム油需要増加に対応拡販を
     
   不二製油グループ本社(大阪市北区・清水洋史社長)は15日、連結子会社であるFUJI SPECIALTIES, INC.の子会社で孫会社にあたるFUJI VEGETABLEOIL, INC.を じて、米国において新会社(同社における曾孫会社)を設立することを決めたと発表した。
 新会社を設立した目的について、同社では「当社グループは、中期経営計画
『TowardsaFurtherLeap2020』を制定し、『コアコンピタンスの強化』『大豆事業の成長』『機能性高付加価値事業の展開』を主軸とした成長戦略を推進しており、『コアコンピタンスの強化』では、日本市場を主軸に重点エリア(中国・北米・ブラジル)の市場成長を取り込む戦略を推し進めている。
 米国においては、当社の連結子会社(孫会社)であるFUJI VEGETABELEOIL, INC.が油脂製品の製造販売を行っているが、米国におけるパーム油の需要増加に対し、当社グループとしてさらに拡販を図るため、当社の連結子会社(孫会社)FUJI VEGETABELEOIL, INC.が全額出資する『Fuji Oil NewOrleans, LLC』(曾孫会社)を設立することとした」と説明している。
新会社の概要は次のとおり。
▽名称=Fuji Oil NewOrleans, LLC
▽所在地=アメリカ合衆国ルイジアナ州 Jefferson Parish
▽代表者の役職・氏名=取締役社長 Andrew Bunger
▽資本金=三五百万USD
▽設立年月日=平成三〇年三月(予定)
▽生産稼働日=平成三二年三月(予定)
▽投資予算額=七〇百万USD
▽売上目標=一三〇百万USD(平成三四年)
▽決算期=一二月
▽出資比率=FUJI VEGETABLE OIL, INC.(同社における孫会社)による一〇〇%出資。
今後の見通しについて、同社では「当期(平成三〇年三月期)においては、本格的な事業展開のための準備期間であり、本件による当期の連結業績への影響は軽微であるが、当社グループの成長戦略である『コアコンピタンスの強化』の一環であることから、中長期的には、今後の当社グループの収益向上に資するものであると考えている」としている。
 



 国内綿実油メーカー