豆種油斗缶 
   製油側引き続き油価是正進める
  計画未達で今期の収益悪化
 物流費等上昇4〜6月も厳しい
     
   関東地区の大豆油・菜種油業務用斗缶市場は、引き続き製油各社が積み残し分の価格是正に取り組む中、相場は横ばいで推移。この1〜3月も段階的に値上げが実勢化しているが、メーカー側が目標として掲げた300円には届いていない。3月中旬段階で「150〜200円の浸透」(流通筋)にとどまっており、「今第4四半期も収益状況は厳しいまま」(大手製油筋)推移している。
 アルゼンチンの乾燥天候を背景にシカゴ大豆、カナダ菜種はともに高値を維持。4〜6月の原料コストも高止まりが見込まれる中、物流費上昇、 代など資材の値上がりもあって、4月以降の採算も「改善する見通しは立たない」(同)と強調する。年度末まで残り一週間も「継続して油価是正を進める」(同)とともに、4〜6月に関しても「積み残し分の値上げ実勢化に向けて理解を求めていく」(同)方針を示している。
 原料相場の高止まり、物流費や資材コストの上昇などを背景に、製油側は昨年10月から斗缶で300円以上を掲げ、価格改定に取り組んだ。第3四半期までの決算状況は、各社とも減益となり、収益の悪化が顕著に。このため、各社の危機感が強く反映した結果、加工用バルクをはじめ、業務用斗缶も順次値上げが浸透した。ただ、それでも斗缶に関しては300円の打ち出しに対して半分程度の実勢化にとどまており、全 的な値上げの遅れが今期決算の厳しさを映し出していることは間違いない。
 原料相場は、アルゼンチンの乾燥天候による減産見通しでシカゴ大豆は10ドル超えが定着。カナダ菜種もつれ高となっており、4〜6月の搾油コストも厳しい状況が続きそうな気配だ。
 大豆粕価格の値上がりは、とくに大豆搾油にとって好材料だが、シード自体も高く、菜種については高値原料での搾油が続く見通し。加えて、4月からは物流費がさらに上昇し、資材コストも値上がりする。「掲げた値上げが未達となっており、4〜6月も積み残し分の価格是正を進めていく方針に変わりはない」(同)と強調する。
 
 



 原料大豆粕