㈱Jーオイルミルズ
   神戸オリーブ園復活プロジェクト
 3月に植樹祭、モニュメント進呈
   
   ㈱Jーオイルミルズ(東京都中央区・八馬史尚社長)は、国内オリーブ市場を牽引する企業として、ゆかりの深い神戸の地において行われている、オリーブによる農業の振興を目的とした「神戸オリーブ園復活プロジェクト」を支援している。
 同社の神戸工場は旧事業会社であった吉原製油の時からの操業であり、また、同じく旧事業会社であったホーネンコーポレーション(豊年製油)を創立した鈴木商店が貿易を始めた地。神戸は、明治12年に「国営神戸阿利襪(オリーブ)園」が設置された日本最古のオリーブ栽培地。その後、オリーブの生産は途絶えてしまったが、今回、この歴史にちなみ、農業従事者の高齢化等により耕作放棄地が増加している状況の改善を目指して、 樹生産者とオリーブに関心を持つ市民が、「神戸オリーブ園復活プロジェクト」としてオリーブ産地の復活に取り組むことになったもの。
 神戸市西区の農村地域の約8,000㎡の土地にオリーブ200本を植栽して試験栽培を開始し、栽培技術の蓄積を行いながら将来的には拡大させ、オリーブにより農業の復興を図る。
 同社は、耕作放棄地対策と農業振興を目的として「神戸オリーブ園復活プロジェクト」を支援し、技術協力をしていく。
 今年3月3日、「神戸オリーブ園復活プロジェクト」主催のもと、プロジェクト代表の中村直彦氏、プロジェクトを支援しているインターナショナルオリーブアカデミー顧問で神戸大学名誉教授の中西テツ氏、農業者代表の松下勇人氏などが中心となり、兵庫県神戸市西区押部谷地区でオリーブ植樹祭が開催された。
 当日は、中西名誉教授によるプロジェクト発足の経緯やオリーブの歴史、神戸市との関わりなどの講話の後に植樹祭に移り、日本最古といわれている湊川神社のオリーブ樹の後継記念樹の植樹が行われ、来賓として湊川神社禰宜、神戸市経済観光局、兵庫県神戸県民局及び神戸農林振興事務所ほかが参列した。 同社は「神戸オリーブ園」の復活を祈念して、このほどモニュメントを作成・進呈し、除幕式には同社の宮川愛浩執行役員が参列した。
 同植樹祭に一般応募で参加した約250人の市民には、番号の入った記念プレートを植樹した200本のオリーブの樹に取り付け、根元の水鉢作りを楽しんだ。その後、オリーブの食べ方を提案する試食会では、市民グループが考案したオリーブ 実やオリーブオイルを使ったお弁当やオリーブ茶、また、お土産として同社のオリーブオイルなどを提供した。さらに、昼食時には、同社のオリーブ製品開発担当社員による「オリーブオイルセミナー」を開催した。
 


米国牛脂相場