食品需給研究センター
   2月のパン生産前年比0.3%増
 食パン4.7万トン8カ月連続減少
   
   食品需給研究センターはこのほど、今年2月分のパン生産量(小麦粉使用 )を発表した。
 それによると、当月の生産 は合計で9万9913トンとなり、前年同月と比べ0・3%増となった。2カ月ぶりに前年同月を上回った。内訳は、「食パン」が4万7,322トンで同1・5%減と8カ月連続で前年同月を下回った。「菓子パン」は3万3,407トンで同5・9%増と、昨年7月から8カ月連続で伸長している。「学給パン」は2,440トンで同5・3%減、「その他パン」は1万6744トンで同4・2%減と、2カ月連続で前年割れとなっている。
 今年1〜2月累計では「食パン」が9万4,197トンで前年同期比3・7%減、「菓子パン」が6万7,851トンで同5・4%増、「学給パン」が4,452トンで同2・9%減、「その他パン」が3万4,329トンで同3・1%減となった。合計では20万829トンとなり、同0・6%減で推移。
 


 豆種油斗缶