日清オイリオグループ㈱
   働く単身者の間食に関する調査
 職場、自宅でもチョコレート人気
   
   日清オイリオグループ㈱(東京都中央区・久野貴久社長)は、「生活科学研究課」を通 して、社会環境や生活者の価値観の変化、それらに起因する生活習慣の動向などについて調査し、情報発信をしている。
 2017年ごろから、適度に間食することで極端な空腹を作らず、食べ過ぎを防止しようというアメリカの間食習慣が日本でも注目され始めている。また、総務省統計局「家計調査」によると、単身世帯の菓子類の支出金額が増加傾向にあり、2017年は4万1815円となった。そこで、同研究課では、働く2040代の男女を対象に、自宅や職場で食べる間食に関する意識と実態を調査した。
 調査実施時期は2017年11月2〜5日、調査方法インターネット、調査地域は東京都および大阪府、調査対象20〜40代の働く単身男女。サンプル数は1201サンプル(人口動態に基づきウェイトバック集計し、有職者のみ抽出)。
男性の約25%、女性の40%強が毎日間食
間食が「週一回以上」(一日一回以上、一日一回未満週一回以上、週一回未満月一回以上)の割合は、東京と大阪を比べると、男性は地域差はみられないものの、女性は東京で6ポイント高くなった。また、「週一回以上」の割合を性年代 に比べると、40代は男性に比べ、女性で顕著に高くなり、特に東京女性で87%と最も高くなった。
職場での間食の特徴、大阪と比べて、東京男性は「栄養調整食品」・「ドーナツ」、東京女性は「ナッツ・ドライフルーツ」が多い
職場で食べる間食は、男女とも「チョコレート」、「クッキー・ビスケット」が上 にランク、次いで男性は「スナック菓子」、女性は「せんべい」が高くなった。東京と大阪を比べると、男性は東京で「栄養調整食品」、「ドーナツ」が10ポイント、大阪で「クッキー・ビスケット」が6ポイント高い。女性は東京で「ナッツ・ドライフルーツ」が15ポイント、大阪で「クッキー・ビスケット」が7ポイント高くなった。
間食する理由、女性は「ストレス解消のため」にも
間食する理由は、どの層も「小腹を満たすため」が最も高くなったが、男性と比べると、女性は「イライラ・不安・ストレス解消」、「自分へのご褒美」などが高くなるのも特徴的。また、男性は大阪で「小腹を満たすため」が6ポイント、女性は、東京で「イライラ・不安・ストレス解消」が6ポイント高くなった。「イライラ・不安・ストレス解消」を性年代 にみると、男性30代、男性40代、女性40代で、東京がそれぞれ6ポイント、11ポイント、14ポイント高くなった。
片手で食べられ、まわりを汚さないスマートな食べ方に配慮
どの層も「食べ過ぎないようにする」が最も高くなり、男性は「片手で食べられる」、女性は「カロリーをとり過ぎないようにする」、「ボロボロとまわりを汚さない」が上 に挙がっていた。東京と大阪を比べると、男女とも、東京は「糖質をとり過ぎないようにする」が上 に挙がるのも特徴的だった。
【今回の調査結果から】
 女性の40%以上が毎日間食しており、平日の間食場所として、女性は「職場」が最も多いことが分かった。厚生労働省「平成28年国民健康・栄養調査」では、20代の朝食欠食率が男性37%、女性23%となっており、また今回の調査で間食を「朝食と昼食のあいだ」にする割合が男女ともに、20~30%近くいることから、特に女性は朝食欠食による空腹感を職場の間食で補っていると推測される。また、「その他」の時間帯に自宅で間食する人が大阪で多いことから、大阪では夕食以降に家で間食する習慣がある様子も伺えた。
 間食するものとして、「チョコレート」が男女とも場所に限らず1 となっており、おいしさ・手軽さだけではなく、健康にも配慮した商品が増えていることが生活者に受け入れられているのではと考えられる。また、職場での間食として、「栄養調整食品」や最近さまざまな種類が発売されている「グミ」が、自宅では「アイスクリーム」や「ヨーグルト」などの冷凍・冷蔵品が上 に挙がってくるのも特徴的だった。間食する理由として、女性は「イライラ解消」、「自分へのご褒美」などさまざまな理由があり、特に東京では男女ともに「イライラ解消」が高くなることから、間食でストレス発散している様子が伺えた。 これからの間食には、おいしさや小腹を満たすといった機能だけでなく、昨今話題の低糖質などの健康性のあるもの、さらには口や手、食べている場所をも汚さないようなスマートな食べ方ができるものが、より一層求められるのと思われる。
 


 欧州委員会