欧州委員会
   欧州の乳製品短期的需給見通し
 今年の生乳出荷 1.4%増を予想
   
   欧州委員会は4月初旬、農畜産物の短期的需給見通しを公表した。このうち、乳製品の需給見通しについて、2017年の生乳出荷 (EU28カ国)は、前年比1・8%増の1億5610万トンとなった。高水準の乳価と安価な飼料が増産を後押しした。
 EU平均乳価は2016年末から2017年初めにかけて、域内の生乳生産 が減少したことや世界的な乳脂肪やチーズ需要の拡大により上昇し、2017年11月の平均で100㎏当たり37・8ユーロ(5065円)まで達した。この水準は、前年同月を約2割、同月の過去5カ年(2012〜16年)平均を約1割上回るもの。こうした状況下で、EU域内の飼料価格が安価に推移したことから、酪農家が飼料購入 を増加させ、給餌 を増やしたことが、特に下半期の生乳出荷量増加に寄与したもの。
 ただ、乳価はその後少し落ち着きつつあり、2018年1月平均では、同35・5ユーロ(4757円)となった。乳価は今後、数カ月間は季節的要因などにより下がるとみられるほか、さらに、主要乳製品輸出国のニュージーランドの生乳生産 は低迷しているものの、EUや米国の生産 の増加によって抑制的になっていく可能性がある。
 しかし、依然として乳価比較的高水準にあり、飼料価格の低 安定傾向もしばらく続くことから、2018年の生乳出荷量は、前年比1・4%増の1億5830万トンと予想。2019年は、EUおよび米国による供給量 の増加が乳価に与えるマイナスの影響が増すことから、出荷量は、前年比0・5%程度の増加にとどまるとみられている。
 なお、昨年の乳牛一頭当たりの平均乳 は、前年比2・6%増の7074㎏となった。EU全域で向上が見られている。中でも、EUの東欧諸国(13カ国)では酪農の専業化が進んだことが寄与したと考えられる。
 


 南米の魚粉市況