カナダ統計局
   カナダ菜種作付意向面積2138万a
 前年比7%減で事前予想下回る
   
   カナダ統計局は現地4月27日、18年産カナダ穀物の作付意向 積を発表した。
 菜種については、全カナダで2138万2,500エーカーとなり、前年実績(2,299万7,100エーカー)と比べ7・0%減となった。当初の2,300万〜2,400万エーカーまで拡大するとの見方は裏切られ、前年を下回る水準にとどまった。
州 の作付意向 積はマニトバ州が前年並みの316万エーカー(前年実績316万エーカー)、サスカチュワン州が同10・5%減の1,139万5,000エーカー(同1,273万エーカー)、アルバータ州が同4・1%減の665万エーカー(同693万エーカー)ーー。
 当日のウィニペグ先物相場は、予想を下回る作付意向 積となったことが強材料となり、反発。5月きりは前日比1・10ドル高の533・30ドル、新穀11月きりは0・60ドル高の517・90ドルで引けた。
 



 カナダ菜種