財務省関税局
 4月のDDGS輸入1389万トン
 前年比25%増、単価は大幅上昇
   財務省関税局は5月30日、今年4月分の輸入通関実績を公表した。
 当月の「DDGS」(トウモロコシ蒸留粕)の輸入量は6万1,389トンとなり、前年同月と比べ25・4%増となった。この結果、1〜4月累計の輸入量は21万6,793トンとなり、前年同期と比べ23・0%増で推移している。
 当月の輸入金額は17億137万7,000%(5527円)の高値となっている。前月との比較でも6・2%(1624円)上昇。
 今年4月と1〜4月累計の輸入量と金額は次のとおり。
中国=622トン(1669万5000円)、累計2326トン(6680万5000円)
ベトナム=80トン(318万9000円)、累計351トン(1361万5000円)
カンボジア=34トン(112万円)、累計90トン(305万6,000円)
カナダ=262トン(720万4,000円)、累計2541トン(6,493万4,000円)
米国=6万341トン(16億7,148万1,600円)、累計21万1,359トン(54億9872万2,600円)
豪州=50トン(168万8,600円)、累計126トン(441万5,600円)
合 計=6万1,389トン(17億137万7,000円)、累計21万6,793トン(56億5,154万7,000円)。  
 


 シカゴ大豆相場