マレーシア需給統計
 5月パーム核油生産17万9463トン
 前月比5%減、在庫は前月並み
   MPOB(マレーシア・パームオイル・ボード)がこのほど発表した今年5月分のマレーシア・パーム油需給統計によると、当月のパーム核原油生産量は17万9,463トンで前月と比べ4・9%減となった。前年同月(19万4,225トン)との比較でも7・6%減。パーム核生産量は38万987トンで前月比3・1%減。パーム核ケーキ生産量は20万6,034トンで同1・3%減。
 パーム核原油在庫量は19万487トンで同3・5%減、精製パーム核油在庫量は13万8,137トンで同5・7%増。トータル在庫量は32万8,624トンで同0・1%増となった。前年同月(24万8,944トン)との比較でも32・0%増。パーム核在庫量は14万2,574トンで前月比0・2%増。パーム核ケーキ在庫量は29万2,451トンで同12・2%減となっている。
 パーム核油輸出量は6万7,046トンで同6・0%減。前年同月(8万1,478トン)との比較では17・7%減となっている。パーム核ケーキ輸出量は21万4,149トンで前月比19・8%増。オレオケミカル輸出量は26万62トンで同1・1%減。バイオディーゼル輸出量は3万6,822トンで同27・7%増。
 


原 料 ゴ マ