築野食品工業
   築野食品が「P&Bオイル」出展
 製菓製パン向けのコメ油で注目
     
   築野食品工業(和歌山県伊都郡・築野富美社長)は、先ごろ東京・有明のビッグサイトで開催された「第7回ベーカリー&カフェジャパン2018」に出展。昨年から販売を開始し、注力商品の一つと位置付けている製菓・製パン用こめ油「P&Bオイル(Patisserie Boulangerie Oil)」を出展し、来場した製菓製パン関係者らの大きな注目を集めた。
 ブースでは、一般的なサラダ油を使ったパンと「P&Bオイル」を使ったパンとの食べ比べを行うとともに、その特長を説明し、味覚と視覚の両 で商品を訴求した。
 「P&Bオイル」は、「既存のコメ油や菜種油と比較して、植物ステロールとオリザノールの含有 が多い。加熱するとオリザノールに含まれるバニラの香りが強く、乳化作用があることから、しっとりとした生地に仕上がる。また、劣化しやすい成分が少なく、いやなニオイ成分の発生が少ないことも特長だ。製菓・製パン関係者には試食を じてその違いをよくご理解いただいている」(同社)と説明。また、「P&Bオイル」は、業務用でありながら、見た目もおしゃれなパッケージを採用しており、商品の印象を高めている。
 ほかにも、小麦の味を前面 に出したい、さっぱり軽い味に仕上げたい、フルーツやクリームなどの味を際立たせたい、練り込みを楽にしてスムーズに作業を進めたい、という時にも最適だという。
 アレルギー表示対象27品目には含まれず、コレステロールはゼロ。180gと1,500gの二規格を用意している。
 


  Jーオイルミルズ