日清オイリオグループ  
    「One More!」テーマに  
  需要創造へ秋のプレゼン開催
 かけるオイルやMCT等に注目
         
   日清オイリオグループ(東京都中央区・久野貴久社長)は8月28日、東京・台場の「グランドニッコー東京」で、取引先向け「秋のプレゼンテーション」を開催した。
 当日は、「One More!」ーーをテーマに、ホームユースでの「かけるオイル」やオリーブオイル、ゴマ油の新商品を中心とした食用油の価値向上による新たな需要喚起策、業務用では揚げ物総菜売り場の活性化策などを提案。ギフトではカジュアルギフトでの新規需要の創造、さらに、ウェルネスでは注力する「MCT」を前 に、長谷川潤さんを起用した新テレビCMとともに、女性をターゲットにした美容へのアプローチ策を発信した。このほか、ピエトロや攝津製油、大東カカオなどグループの総力を挙げた多 なプレゼンテーションを展開し、流 バイヤーらの大きな注目を集めた。
 秋のプレゼンテーションは、30日に大阪でも開催。今回の東京とあわせて 販店、卸店の部門長やバイヤーを中心に、今春を上回る約1150人が来場した。
 春に引き続き、年間のテーマである「One Moreーーを前 に掲げてブース展開。「下期の『One More!』は、お客さま=消費者の方や流 の方々の悩みやニーズ、不満の声や要望に応える形で、私どもの独自の技術でいろいろなご提案をさせていただく場としている。需要One More!、新しいソリューションOne More!、新しい価値One More!ーー。業務用ブースでは調理の工程を改善する提案、ホームユースでは、『かけるオイル』。かけるオイルの市場においては、春から夏にかけての需要が冬場よりも多くなっているので、冬場にもオイルをかけて楽しんでもらえるように鍋やスープ、そして夜食メニューなど、ホットメニューにオイルをかけて召し上がっていただけるような提案を展開している。さらに、MCTのブースでは、長谷川潤さんを使った美容向けのプロモーションの紹介を行っている」(同社食品本部)。
 また、伸びる家庭用ゴマ油市場に向けては、今秋新発売の「日清味つけごま香油 ごま油×醤油」「同 ごま油×塩にんにく」を積極的にPR。「かけるオイルの1歩先に、もっと簡単にこのオイルを使って料理を作るという需要があることを確信。流 の皆さまの反応も好評で、およそ半分以上の企業に採用が決まっており、今後が楽しみな商品である」(同)と強調している。
 一方で、厳しい状況が続くギフトに関しては「今中元期のギフトについては、市場が大幅に縮小する中、当社の贈答品についてはほぼ前年並みを維持することができた。オリーブオイル系のギフトが伸びていることが牽引したもので、その中でも今年から本格的に展開した『Oliva d OilliOエキストラバージンオリーブオイル』ギフトがBOSCOギフトにオントップの形で加わったことから、大きな市場に拡大したオリーブオイル系ギフトで2ケタの伸びを示すことができた」と総括した上で、下期は歳暮ギフトはもちろん、「Oliva d OilliO」を前 に、年間を じてギフト売り場を華やかにするカジュアルギフトなど新しい提案をアピールし、流 関係者の注目を集めていた。
  ヘルスサイエンスでは、「あなたの食のセルフチェック」とし、同社と東京都健康長寿医療センターと共同開発したアプリ「バランス日記」を紹介。「当社がいま、ヘルスサイエンス事業を推進している中で今回、バランス日記というアプリを開発した。これは生活者の方々に健康をチェックしていただき、少しでも健康寿命に関心を持っていただきたいという願い。いわば、まさにヘルスサイエンス、健康寿命の延命につなげていきたいというヘルサイエンス事業のポリシーを伝えていきたい、というのが今回のアプリ開発の最大のテーマである」(同社ヘルスサイエンス事業室)としている。
 注力するMCTについては、「アスリートが注目する第4の栄養素MCT」をテーマにブース展開。「めざしたいボディ 長友佑都MCT」に加えて今回、新たに長谷川潤さんの新テレビCMを展開しており、「キレイをかなえる 長谷川潤MCT」を大々的にPRした。「体脂肪は運動で燃やせということで、サッカー日本代表の長友さんを起用したCMで認知度アップを図ってきた。しかし、どちらかというと男性へのアピールが強かった。そこで今回、美容を前 に打ち出し、女性にも大変人気のある長谷川潤さんを起用した。長谷川さんは人気モデルということだけでなく、ブログなどSNSでの発信力が非常あり、長谷川さんが食べているもの、あるいは取り入れているものについては、若い女性へのアピール度も高い。この秋から長谷川さんを起用したテレビCMをスタートさせ、ココナッツオイルとMCTオイルのさらなる認知度向上、拡販を図っていきたい」(同社ウェルネス営業部)と意気込みを示している。
 


  2018年通関