カナダ統計局  
    カナダ菜種生産1916万トンの見通し
 前年比1割減で事前予想下回る
         
   カナダ統計局が現地8月31日に発表した同国の18年産菜種の生産量は1,916万トンの見 し。前年(2,132万トン)と比べ10・2%減となった。先の日加菜種協議で示された2,159万トンを下回るなど、大方の事前予想に届かなかった。
 単収が全カナダで前年のエーカーあたり41・0ブッシェルを下回る37・5ブッシェルにとどまったことが減産の要因。サスカチュワン州やアルバータ州の南部で高温乾燥天候となったことが影響したものとみられる。
 州別の生産見通しはマニトバ州が289万9,200トンで前年比7・9%減、サスカチュワン州が1,009万8,300トンで同9・7%減、アルバータ州が597万4,000トンで同12・5%減。単収はマニトバ州が37・7(前年44・0)、サスカチュワン州が36・5(同38・9)、アルバータ州が39・3(43・7)と見込んでいる。
 


  財務省関税局