パーム油  
    7月の輸入量6万3315トン15%減
  精製油単価キロ81円で3円安
 累計44万トン前年比12%増に
         
   財務省関税局は8月30日、今年7月分の輸入通」関実績を発表した。 当月の「パーム油」製品の輸入 は合計6万3,315トンとなり、前年同月と比べ14・9%減となった。うち、パーム原油は151トン(前年同月実績はなし)、パームステアリンは1万3,338トンで同25・5%減、精製パーム油は4万9,827トンで同11・8%減。
 1〜7月累計の輸入 は合計で43万9,177トンとなり、前年同期比11・7%増で推移。パーム原油は251トンで同528・2%増、パームステアリンが8万6473トンで同40・6%増、精製パーム油が35万2,453トンで同6・3%増。
 当月の輸入金額は、パーム原油が1,45万円でキロ当たり輸入単価は83円、パームステアリンの輸入金額は10億3,667万8,000円でキロ78円、前年同月の80円と比べ2円安。精製パーム油の輸入金額は40億1,840万3,000円でキロ81円、前年同月の84円と比べ3円安となっている。
 マレーシアのパーム油相場は、今後の生産増が当初予想よりもペースダウンするとの見方が台頭するなど、底打ち感が見え始めている。先物相場は7月後半から8月前半にかけて2,200リンギを割り込み、約3年ぶりの安値をつけたが、現在は2,200リンギ台を回復している。
7月と1〜7月累計の国 輸入実績と金額は次のとおり。
〈パーム原油〉
インドネシア 150・614トン(1245万7000円)、累計251・271トン(2067万3000円)
合  計 同  上
〈パームステアリン〉
マレーシア 8,534・113トン(6億6,788万9,000円)、6万3,590・197トン(49億2,348万5,000円)
インドネシア 4,804・116トン(3億6,878万9,000円)、2万2,883・280トン(17億9,056万2,000円)
合  計 1万3,338・229トン(10億3,667万8,000円)、8万6,473・477トン(67億1,404万7,000円)
〈精製パーム油〉
シンガポール 累計928・721トン(1億4,686万4,000円)
マレーシア 2万8017・182トン(22億6,559万6,000円)、20万805・106トン(163億4,752万8,000円)
インドネシア=2万1,809・326トン(17億5,280万7,000円)、15万580・498トン(120億3,012万円)
コロンビア 累計137・629トン(2,910万7,000円)
合  計 4万9,826・508トン(40億1,840万3,000円)、35万2,452・574トン(285億5,387万8,000円)
総合計 6万3,315・351トン(50億6,753万8,000円)、43万9,177・322トン(352億8,859万8,000円)
 


  築野食品工業