まめプラス  
   紀ノ国屋が働く女性に朝食提案
  不二製油の大豆素材使用で 
 「SOY TIME」5品新発売
 
         
   こだわりのクオリティフードを提供するスーパーマーケット「KINOKUNIYA」を展開する紀ノ國屋(東京都港区北青山・堤口貴子社長)は18日、9月25日にオープンする日本橋島屋SC新館一階「KINOKUNIYA entree」(紀ノ国屋アントレ)で、不二製油の大豆素材を使用したコッペパンサンド「SOY TIME」五品を同店限定で販売すると発表した。不二製油グループ本社が代表を務める「まめプラス推進委員会」との記者発表会で明らかにしたもの。
 「SOY TIME」は、朝食欠食などから栄養状態が悪化し、さまざまな不調を抱える女性が増える中、そうした働く女性の忙しい朝を大豆でおいしく、ヘルシーにサポートする新しい朝食メニュー。不二製油が開発した肉のような食感の大豆たん白素材「大豆ミート」、USS製法で生み出した「豆乳ホイップクリーム」を使い、不足しがちなたんぱく質摂取を助け、働く女性の朝を「大豆で変える!」、紀ノ國屋と不二製油の新しい提案となっている。
 記者発表会で、紀ノ國屋の堤口貴子社長は、同社の108年の歩みを振り返った上で、「紀ノ国屋は、その時代の常に新しい提案を行ってきた。それは日本にとどまらず、世界の新しい食を提供してきた。そしていま、世界的な広がりを見せている植物性食の大豆に注目した。今回の新商品は9月25日に新オープンする日本橋高島屋SC新館一階KINOKUNIYA entreeで店舗限定で販売する。近年、働く女性が増え、一日の中で食事を摂る時間が少なく、結果的に朝食を摂らない方、そしてさまざまな不調を抱える女性が増えていると言われている。日本橋はオフィスタワーが増加しており、働く女性も増えている。そんな忙しい女性の朝をヘルシー食でサポートできたらと考え、栄養価が高く、ヘルシーな大豆を取り入れた。働く女性の朝を大豆でサポートする新商品、それが大豆を挟んだコッペパンサンドイッチ『SOY TIME』。二種類の大豆食材を活用し、忙しい朝に手軽にオフィスでも食べられるようワンハンドで食べやすいコペパンのサンドイッチ全五品を新発売する」と発売の経緯を説明した。
 大豆ミートを使ったのは「soyミートのコッペパン(焼肉風)」「同(ガパオ風)」の2品(税込320円)。堤口社長は「大豆ミートは女性の健康と美容をサポートすると言われ、大豆のたんぱく質を含んでいる。たんぱく質が大切なことはわかっていても、肉の脂肪が気になるという女性は多い。そこで大豆ミートを使い、ヘルシーにした。まるでお肉を食べているような食感がありながらも、肉にはない食物繊維を含んでいる。大豆ミートと一緒にキノコや野菜をふんだんに入れた焼肉風、人気のアジアご飯ガパオ風に味つけし、おいしく、ヘルシーに召し上がっていただける」と強調。
 不二製油のUSS製法によって生まれた濃厚なコクを持ちながらもさっぱりした後味の豆乳ホイップクリームを使用したのは「soyクリームのコッペパン(ベリー)」「同(葡萄)」「同(マロン)」の三品(税込380円)。「女性の好きフルーツタイプのコッペサンド。一般的なフルーツサンドは生クリームを使用しているが、こちらは豆乳のホイップクリーム使った。生クリームに比べ豆乳ホイップクリームは豆乳の旨味があり、合わせるフルーツや具材そのもののおいしさを堪能できる。食べたいけど朝から生クリームはちょっと重たい、という声にも軽い口当たりでおいしく召し上がってもらえるように仕上げた。フルーツたっぷりの朝食で一日の活力をチャージしていただけたらと思っている」と説明した。
 最後に堤口社長は「忙しい日本人、とくに女性の朝食の欠食が社会問題となっているいま、紀ノ国屋の新しい食の提案が、伝統食とは異なる大豆の栄養を新しいスタイルで手軽に召し上がっていただける新商品『SOY TIME』。日本橋高島屋店では併設の店内厨房で、でき立てのおしいさを提供。紀ノ国屋は常に新しい食の提案を通じ、新しいスタイルを提供してきた。食を豊かに、人生を豊かにをモットーに、今回の新商品を じてより豊かで生き生きと活躍できる支援をしていきたいと思っている」と、新商品にかける意気込みを示した。
 当日は世界的に加速する植物性食ニーズの高まりを受け、半世紀以上にわたって大豆を研究し、最新技術による大豆食材の開発を手掛ける不二製油グループ本社の角谷武彦CMOが「進化する大豆食材」について紹介。さらに、日本で初となる、働く女性の健康・栄養・生活状態を明らかにした「働く女子1000名白書」を発刊し、全国で働く女性の健康支援を行うための保健室を開催中の一般社団法人「Luvtelli」代表理事の細川モモ氏が働く女性の朝食事情」について講演した。
 


  日本植物油協会